<経歴>

・2010年 大阪梅田にあるutataneyaリラク ゼーションカレッジに通い始めました。

 

2012年にインストラクターデビューをしてから今日までで丸6年が経ち、

関わらせて頂いた生徒様は500人を越え、現在も未来のセラピスト達と共に頑張っています。

 

<主な資格>

AEAJ認定アロマアドバイザー・utataneyaリラクゼーションカレッジインストラクター・アロマ検定1級・漢方養生指導士、漢方・薬膳検定合格

 

 

 

 

<私について>

10年前シングルマザーになり、長年事務員として仕事をしていましたが、当時小学2年生だった息子の為に「自宅で出来る仕事を」という思いから、大阪梅田にあるutataneyaリラクゼーションカレッジに通い始めました。

 

卒業後、先に卒業していた友人からの誘いでインストラクターの道に。

 

当時は正直教えるという事にそこまで関心があった訳ではなく、なんとなく「カッコいいかな」というのが正直な気持ちでした。

 

今思えば何も考えずな行動でしたが、何も知らないからこそ飛び込めたのだと何も考えずな自分を今は褒めてあげたいです。

 

2012年から今日までで丸6年が経ち、関わらせて頂いた生徒様は500人を越えましたが、まだまだだなと反省は尽きません。

よく「何が一番大変ですか?」と生徒様に聞かれます。

その時、私は「人対人」だと話しています。

 

技術はマニュアルを伝え、経験を重ねればそれなりの形になっていくのかもしれません。

が、人と人はマニュアル通りにはいかず、どれだけ経験を重ねても初めての方と話す時は毎回緊張します。

 

でも、この緊張感はとても大切で、それに慣れてしまったらきっとマニュアル通りに対応をしてしまい、結果ビジネスマッサージになってしまうと考えています。

 

仕事としてやっているのだから当然といえば当然ビジネスマッサージなのですが、人の手にはとても不思議な力「人を癒す力」が誰にでも備わっているんです。

 

子供の頃、頭をなでてもらうと嬉しくなった記憶はありませんか?

 

満足感や優越感、そして安心感、心地良さ。自分を認めてもらえたという「肯定感」がそこには存在し、それはその人を想う「手の温もり」から発せられる力なのです。

ビジネスマッサージでは残念ですがこの手の温もりは出す事が出来ません。

 

 ここ数年癒しブームの波に乗ってリラクゼーションサロンは急増しました。

コンビニエンスストアが5万件に対して15万件のサロンが街中に溢れています。

 

私自身もこのリラクゼーションの世界に入り8年が経ち、沢山の方の身体をほぐしてきました。

そんな中で最近特に感じる事。

「身体の疲れだけはほぐせない心が疲れている人」が増えた事です。

 

心技一体という言葉にあるように、心の疲れは日常生活の中で酷使される身体(技)の疲れとなって表れてきます。

ですが、多くの人は表面的に身体をほぐすことばかりを気にしてサロンに通います。

そして、身体をほぐす技術だけに焦点を当てているサロンが多いのも事実です。

 

サロンに行ったその日はとても気持ちよく過ごせた。でも、何故か次の日にはもう体が重い。。

そんな思いをしていませんか?

 

私の目指すセラピストとは、暖かな日差しの射す大地の様な心でお客様の心を優しく包み、やすらぎの中で心と身体をゆったりとほぐすことが出来る事。

“継続的に”心と身体の健康を取り戻し、貴方らしくイキイキと毎日を過ごして頂ける事。

 

「ここに来れば私を私以上に知ってくれている人がいる」

 

決して大げさな言葉ではなく、本気でこの一言を追及できる人が本物のセラピストなんだと信じて、日々頑張っています。

 

資格も経歴も一切不要で、誰でも気軽にいつでも始められるリラクゼーションサロンだからこそ、1ミリの気軽な気持ちを捨てて『本気でお客様が元気になれるお手伝いがしたい!』

と思い、こだわりのあるサロンを始めようと今日にいたりました。

 

そして、お客様の身体を外側だけではなく、内側からも元気のお手伝いが出来ればと巡り合ったのが「漢方」でした。

「病気にならない体作り」という漢方の基本が私にとても響き、「漢方養生指導士」「漢方・薬膳」の資格を取得しました。

 

漢方といっても薬剤師ではありませんので、漢方薬の処方は出来ません。ですが、漢方は「漢方薬」だけではなく、「薬膳料理」や「薬膳茶」なども漢方になり、身近な食材を通じて

『手軽に続けられる健康維持』を目指してもらえるサロンにしたいと思っております。

 

漢方養生の知識を生かしたカウンセリングで、その日の症状に合った漢方アロマ、植物性オイルをオリジナルにブレンドし、オーダーメイドメニューのトリートメントをご提供いたします。

 

私が求めるリラクゼーションサロンは「身体をほぐす事」はもちろんですが、「自身の今の状態に気づいてもらい、一緒に元気を取り戻していく事」で、それが本当のリラックス・癒し・病気にならない体作りに繋がるのだと考えます。

 

その想いをお客様に伝える事で、一期一会ではないサロンにしていきたいと思っています。